開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/08/04

名旅館「加賀屋」に学ぶ、人とロボットの共存で実現する「感動のサービス」

連載:トヨタに学ぶビジネス「改善」の極意

トヨタ式では「人間の知恵の上に自働化とジャスト・イン・タイムの2本の柱が立っている」と言われるほど、「人間の知恵」を大切にしているが、人間の知恵を引き出すためにはそれなりの工夫が必要だ。昨今ではロボットやスマートマシンが期待を集めているが、人間には人間にしかできない仕事をしてもらう必要があり、ロボットを使いこなすことも必要だ。そのためには、人間の仕事と機械の仕事をしっかり分けて考えることが大切だ。

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

1937年宮城県生まれ。トヨタ自動車工業に入社後、生産、原価、購買、業務の各部門で、大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に努める。その後、農業機械メーカーや住宅メーカー、建設会社、電機関連などでもトヨタ式の導入と実践にあたった。91年韓国大字自動車特別顧問。92年カルマン株式会社設立。現在同社社長。中国西安交通大学客員教授。
著書に『「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術』『トヨタ流「改善力」の鍛え方』(以上、成美文庫)、『なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか』 『トヨタの上司は現場で何を伝えているのか』『トヨタの社員は机で仕事をしない』『なぜトヨタは逆風を乗り越えられるのか』(以上、PHP新書)、『トヨタ式「改善」の進め方』『トヨタ式「スピード問題解決」』 『「価格半減」のモノづくり術』(以上、PHPビジネス新書)、『トヨタ流最強社員の仕事術』(PHP文庫)、『先進企業の「原価力」』(PHPエディターズ・グループ)、『トヨタ式ならこう解決する!』(東洋経済新報社)、『トヨタ流「視える化」成功ノート』(大和出版)、『トヨタ式改善力』(ダイヤモンド社)などがある。

ロボットを導入することで何を実現したのか

photo
「加賀屋」のホームページ

連載一覧
 明治39年創業、日本有数の名旅館として知られる「加賀屋」は人間にしかできない「感動のサービス」を提供するために、人間の仕事と機械の仕事を分けて考えている。

 1989年、加賀屋は20階建ての新館「雪月花」をオープンさせている。投資額は120億円にのぼるだけに、周囲からは「加賀屋の息子(現会長・小田禎彦氏)が若い設計士と組んで、また無茶な真似をしでかした」という陰口も聞こえてきたが、小田氏はこうした周囲の雑音を気にも留めずに最新鋭の料理搬送システムを導入している。

 『加賀屋の流儀』(細井勝著、PHP研究所)によると、このシステムは、空中から吊り下げられたレールに沿って搬送ロボットが大量の料理を載せたワゴンを厨房から各階の配膳室まで自動的に運ぶ装置で、ボタン操作一つで的確に運転できるという。1分間に90メートルの速度で最大1500食の料理を宴会場や客室に近い配膳室まで運び、30人分の労力をわずか7人分に軽減するほどの効果がある。

 当時、こうした大規模なシステムを導入する旅館はなく、同業者の誰もが驚いたが、その目的や理由を聞いてさらに驚くことになった。小田会長はこう話している。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ロボティクス・ドローン ジャンルのトピックス

ロボティクス・ドローン ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!