開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2014/04/22

ジョブズとベゾスの成功に共通する「権力」の使い方、仕事は権限か理解・納得か

連載:トヨタに学ぶビジネス「改善」の極意

1人で完結する仕事はほとんどない。人と人が関わり、人から人へと受け渡す中で完成へと近づいていく。それはトヨタ式も同様であり、たとえどれほど素晴らしい改善案を考えたとしても、それを「やってみよう」と言って協力してくれる人たちがいなければ実行にはつながらない。「こんないいアイデアなのにどうしてみんな協力してくれないのか?」という悩みを現場で抱えている人も多いのではないだろうか。

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

カルマン 代表取締役社長 若松 義人

1937年宮城県生まれ。トヨタ自動車工業に入社後、生産、原価、購買、業務の各部門で、大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に努める。その後、農業機械メーカーや住宅メーカー、建設会社、電機関連などでもトヨタ式の導入と実践にあたった。91年韓国大字自動車特別顧問。92年カルマン株式会社設立。現在同社社長。中国西安交通大学客員教授。
著書に『「トヨタ流」自分を伸ばす仕事術』『トヨタ流「改善力」の鍛え方』(以上、成美文庫)、『なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか』 『トヨタの上司は現場で何を伝えているのか』『トヨタの社員は机で仕事をしない』『なぜトヨタは逆風を乗り越えられるのか』(以上、PHP新書)、『トヨタ式「改善」の進め方』『トヨタ式「スピード問題解決」』 『「価格半減」のモノづくり術』(以上、PHPビジネス新書)、『トヨタ流最強社員の仕事術』(PHP文庫)、『先進企業の「原価力」』(PHPエディターズ・グループ)、『トヨタ式ならこう解決する!』(東洋経済新報社)、『トヨタ流「視える化」成功ノート』(大和出版)、『トヨタ式改善力』(ダイヤモンド社)などがある。

やりたいことのために圧倒的な権力を利用する

photo
iMac G3 500Mhz (2001) “Indigo”。当時、経営危機がささやかれていたアップル復活の象徴的な製品となった。
(Photo by Carl Berkeley

 人を動かすうえで「権力」は大いなる武器になる。

 アップルが「iMac」の開発を進めていた時、デザイン部門の責任者ジョナサン・アイブがつくり上げたのは、鮮やかな色の筐体のCRTディスプレイ一体型コンピュータだった。

 ところが、製造を担当するエンジニアの所に持っていくと、「これは無理だ」という38個もの反対理由が挙がってきた。

 このこと自体はどこの会社でもよくあることだが、違っていたのはそこにスティーブ・ジョブズがいたことだ。ジョブズはエンジニアに「いやいや、これをつくるんだよ」と言ったが、それでもエンジニアは「なぜです?」と異を唱えようとした。ジョブズの答えは明快だった。

「CEOの私が、これは可能だと思うからさ」

 iMacはよく知られているように世界的大ヒット製品となった。

連載一覧
 似たような話がアマゾンにもある。

 こちらも世界的大ヒット製品となった「Kindle」の開発を進めていた時、PCを経由しないで本をダウンロードする方式にベゾスはこだわった。その時、こう提案したと言われる。

「空港に行くんで、途中読む本が欲しい。車の中からこの機器を使ってダウンロードしたい。こういう状況を想定しているんだ」

 エンジニアが「そんなことはできませんよ」と反論すると、ベゾスはこう言い返した。

「何ができるか、決めるのは僕だ」

 それでも異を唱える相手にはこんなセリフさえ口にしている。

「この問題について君の口を閉じさせるには、この会社のCEOは僕だという証明書をどっかでもらってこないといかんのか?」

 ここまで言われて反論できる人間はそうはいない。

 やりたいことのためには圧倒的な権力を利用する。それはたしかにビジョンを実現するための最短距離ではある。しかし、日々の仕事の現場でこれほどの権力を持つことはそうは望めない。

【次ページ】仕事は権限か、それとも理解と納得か

リーダーシップ ジャンルのトピックス

リーダーシップ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!