開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/04/28

マネタイズで先行するiOS、急伸するAndroid――東南アジアのモバイルゲーム市場

App Annie(以下、アップアニー)が行った東南アジアのモバイルゲーム市場調査では、インドネシア・タイ・フィリピン・マレーシア・ベトナムの5カ国が特に著しい成長を遂げていることがわかった。経済発展が遅れている国もあり、市場環境は国ごとに変化するが、5カ国では低価格帯であるAndroidのOEMが好まれる傾向が強く、iOSをリードしているが、収益面では未だiOS App Storeには及ばない。しかしGoogle Playの収益も2013年から2014年にかけて急伸しており、東南アジアのモバイルゲーム市場には大きな影響を与えている。

関連記事

OSベースではOEMのあるAndroidの伸びが著しい

 アップアニーが東南アジア5カ国(インドネシア・タイ・フィリピン・マレーシア・ベトナム)を対象に行った調査では、東南アジアのゲームアプリ市場には成長の余地が大きく残っていることがわかった。

画像
東南アジア5カ国におけるiOSとGoogle Playの成長の年別比較

 東南アジア5カ国ではOEMを提供できるAndroidがiOSをリードしている。東南アジアは急成長が見込まれるものの現時点では購買力が低いため、OEMが有利に働いた形だ。

 AndroidのアプリストアであるGoogle Playと、iOSのアプリストアであるiOS App Storeを比較するとGoogle Playの伸びがより顕著になる。Google Playにおける2014年の5カ国合計のダウンロード数の伸び率はiOS App Storeの4倍を誇り、2013年の2.5倍から急激に成長したことがわかる。これは経済的諸指標の発展遅れが指摘されていたインドネシアのスマートフォン普及率が、2013年から2014年にかけて7%以上も上昇したことが影響を与えているといえる。

 また、ベトナムでも前年と比較して2倍近い36%の普及率となり、インドネシアと合わせてAndroidの躍進を後押しすることとなった。個別に見てみると最も差が開いたのがインドネシアでiOS App Storeの9倍ものダウンロード数となり、iOS App Storeを大きくリードしている。最も差が少なかったのはベトナムだが、それでもiOS App Store3倍で、東南アジアにおいてのAndroid普及率を表す結果となった。

マネタイズで先行するiOS、急伸するAndroid

関連記事
 ダウンロード数ではGoogle Playに対して大きく差を付けられたiOS App Storeだが、収益の伸び率ではAndroidを上回る。前年比で見るとGoogle Playが迫っているが、それでも5カ国合計で1.5倍近い伸び率をマークし、国別の調査でもマレーシア以外ではGoogle Playをリードしている。

 しかし一方で、5カ国合計収益の伸び率ではGoogle Playが2013年から2014年にかけて220%増と驚異的な数字を記録しており、これはGoogle Playが東南アジア地域におけるマネタイズモデルを確立し始めていると予想できる。グーグルは2015年2月にもAndroid Oneをフィリピンとインドネシアに投入しており、追加投入の予定も公言している。

 東南アジアで展開されているAndroid Oneは先進国で普及するリファレンスモデルのGoogle Nexusとは異なり、新興国での流通を目的とした低価格帯のスマートフォンだ。メーカーは多岐に及ぶものの、ハードウェアの設計から部品調達までグーグルが行っており、研究開発費用を抑えることで新興国のスマートフォンとしてAndroidを標準化するのが狙いだ。低価格でも一定の品質や2年間のアップデートが行われるAndroid OneはPCやインターネットの普及で遅れた東南アジアに大きな影響を与えると予想され、今後の注目すべきポイントといえる。

【次ページ】メッセージング市場のシェアを拡大させ、ゲーム成功を狙うLINE

グローバル化 ジャンルのトピックス

グローバル化 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!