開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2019/05/17

Windows 10のリリースサイクル「半期チャネル(SAC)」がまた変更、修正点を整理

連載:山市良のマイクロソフトEYE 第15回

Windows 10の最新バージョン、Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)が5月末にいよいよリリースされる予定です。このバージョンから「半期チャネル(対象指定)」が廃止されます。Windows 10のサービスモデルや方針は幾度となく変更されてきましたが、新しい「半期チャネル」がスタートする前に変更点を再確認しておきましょう。

フリーライター 山市 良

フリーライター 山市 良

IT 専門誌、Web 媒体を中心に執筆活動を行っているテクニカルライター。システムインテグレーター、IT 専門誌の編集者、地方の中堅企業のシステム管理者を経て、2008年にフリーランスに。雑誌やWebメディアに多数の記事を寄稿するほか、ITベンダー数社の技術文書 (ホワイトペーパー) の制作やユーザー事例取材なども行う。2008年10月よりMicrosoft MVP - Cloud and Datacenter Management(旧カテゴリ:Hyper-V)を毎年受賞。岩手県花巻市在住。
主な著書・訳書
『インサイドWindows 第7版 上』(訳書、日経BP社、2018年)
『Windows Sysinternals徹底解説 改定新版』(訳書、日経BP社、2017年)
『Windows Server 2016テクノロジ入門 完全版』(日経BP社、2016年)
『Windows Server 2012 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2014年)
『Windows Server 2012テクノロジ入門』(日経BP社、2012年)
『Windows Server仮想化テクノロジ入門』(日経BP社、2011年)
『Windows Server 2008 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2009年)
など

photo
新しい「半期チャネル(SAC)」サービスモデルが始まる前に
(Photo/Getty Images)

Windows 10リリース当初からまったく変わってしまったサービスモデル

 この連載はWindows 10のサービスモデルの解説と企業における展開オプションの紹介からスタートしました。その後、2019年9月に行われたサポートポリシーの重要な変更点については第8回でフォローアップしました。

関連記事

 上記の記事で説明している「半期チャネル(Semi-Annual Channel:SAC)」サービスモデルは、2017年4月に行われた大規模な変更を経て、その後、サポート期間など調整されてきたものです。

 「Windows Update for Business(WUfB)」を使用する場合は、「半期チャネル(対象指定)」(Semi-Annual Channel (Targeted):SAC-T)とSACの対象化による段階的な展開が可能です。その意味では、SAC-T/SACサービスモデルと言うこともできます。

 2015年7月末のWindows 10リリース当初は、「Current Branch(CB)」と「Current Branch for Business(CBB)」でした。当初は、4カ月ごとにCB向けに機能更新プログラムがリリースされ、サポートされるCBリリースは1つのみ、企業向けのCBBはCB向けリリースから4カ月後に始まり、8カ月サポートされるというものでした。

 現在は、18カ月または30カ月の品質更新プログラムのサポートが提供されますが、当初、Windows 10の特定のバージョンは1年しか寿命がなかったのです。

 このCB/CBBサービスモデルのリリースサイクルどおりにリリースされたのはWindows 10 November Update(バージョン1511)の1回です。Windows 10初期リリース(ビルド10240)はCB/CBB同時リリースでした。バージョン1511の次のバージョンがリリースされるまでは9カ月空いてしまいました。そして、SAC-T/SACサービスモデルに移行することが決まりました。

進まないEOSがマイクロソフトやサードパーティの負担に

 マイクロソフトの当初の目論見とは異なり、多数のWindows 10バージョンが同時にサポートされている状況が長く続いています。今月末リリース予定のWindows 10バージョン1903まで含めると、4年の間に8バージョンがリリースされることになりますが、Enterprise/Educationエディション向けにサポートが続いていた3バージョン目のWindows 10 Anniversary Update(バージョン1607、ビルド14393)が先月ようやくサポート終了(End of Service:EOS)となりました。

 しかし、特例措置(この連載の第4回を参照)や長期サービスチャネル(Long Term Service Channel:LTSC)」を含めると、完全にEOSのステータスになったビルドは、唯一、Windows 10バージョン1511(ビルド10586)だけです(表1)。

表1 Windows 10のライフサイクル
網掛け部は既に終了したもの。最新情報は、https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13853/を参照。
Windows 10バージョン 提供開始 品質更新プログラムのサービス終了(EOS)
Home/Pro/Pro for Workstation Enterprise/Education LTSC
(旧称LTSB)
Windows 10バージョン1903(ビルド18362) 新SAC:2019/5/末 18か月後の第2火曜日 18か月後の第2火曜日 リリースなし
Windows 10バージョン1809(ビルド17763) SAC-T/LTSC:2018/11/13
SAC:2019/3/28
2020/5/12 2021/5/11 2029/1/9
Windows 10バージョン1803(ビルド17134) SAC-T:2018/4/30
SAC:2018/7/10
2019/11/12 2020/11/10 リリースなし
Windows 10バージョン1709(ビルド16299) SAC-T:2017/10/17
SAC:2018/1/18
2019/4/9 2020/4/14 リリースなし
Windows 10バージョン1703(ビルド15063) CB:2017/4/11
SAC(CBB):2017/7/11
2018/10/9 2019/10/8 リリースなし
Windows 10バージョン1607(ビルド14399) CB/LTSB:2016/8/2
CBB:2016/11/29
2018/4/10
(注1)
2019/4/9
(注1)
2026/10/13
Windows 10バージョン1511(ビルド10536) CB:2015/11/10
CBB:2016/3/8
2017/10/10 2017/10/10 リリースなし
Windows 10(ビルド10240) CB/LTSB:2015/7/29
CBB:2015/7/29
2017/5/9 2017/5/9 2025/10/14
注1:Windows 10バージョン1703に対応していないClover Trail搭載機はWindows 8.1のEOSと同じ2023/1/10までサポート(この連載の第4回を参照)。

連載一覧
 多数のバージョンがEOSにならないまま維持されることは、マイクロソフト自身の開発計画に大きな負担となっているでしょう。また、Windows 10対応のアプリケーションやドライバーを開発、提供するソフトウェア/ハードウェアベンダーにも大きな負担となっているはずです。

 一方、個人であれ、企業であれ、使用中のWindows 10のバージョンがEOSにならないように注意してください。

 先月、Windows 10バージョン1709のEnterprise/Education以外のすべてのエディションがEOSになりました。WUfBで延期設定をしている場合、次のバージョンのSAC-T/SACのリリース日が前のバージョンのSAC-T/SACの延期設定の基準日になります。

 すなわち、Windows 10バージョン1709でSAC-Tを選択して274日以上延期している場合(2018年7月10日+274日=2019年4月10日)、あるいはSACを選択して345日以上延期している場合(2018年4月30日+345日=2019年4月10日)、EOSが過ぎた状態になっています(画面1)。速やかにWindows 10バージョン1803以降にアップグレードする必要があります。

画像
画面1:現在、Windows 10 Proバージョン1709は既にEOS。「設定」アプリの「詳細オプション」またはWUfBのポリシー設定でSAC-T+274日以上、またはSAC+345日以上の設定をしている場合、EOSを超えて延期されている不適切な状態

Windows 10 May 2019 Updateからリリース宣言はSACの1回に

 現在のSAC-T/SACサービスモデルがスタートしたのは、2017年7月にWindows 10 Creators Update(バージョン1703、ビルド15063)のSAC向けにリリース宣言されたときからです。Windows 10のUIへの反映は、次のWindows 10 Fall Creators Update(バージョン1709、ビルド16299)からです。

 そして、現在のSAC-T/SACサービスモデルがスタートしてから2年を待たずに、今月末にリリース予定のWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903、ビルド18362の予定)からは、新しいSACが始まります。

【次ページ】ユーザーを混乱させてきた「更新プログラムのチェック」の挙動が変更に

お勧め記事

OS ジャンルのセミナー

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!