開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/12/28

関西流ベタベタIT商法の挑戦82~未来のリサイクル容器でビジネスを切り開く

合同会社 関西商魂 代表 中森勇人

節電の冬真っ只中、国民のエコ意識は否応にも高まっている。その考えが相まって環境に対する考えも変わりつつあるようだ。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

 東大阪で印刷紙器製品の製造販売を手がける株式会社秀英の上田秀行会長(70)は、「私たちが子供のころは食べ物がなくてご飯を残すなんて考えられませんでしたが、大量消費や大量廃棄が当たり前になり、いつしかモノの大切さがおざなりになってきたようです。これは地球レベルで見ると決して幸せなこととはいえません」と警鐘を鳴らす。危機感を募らせた上田会長は2000年に日本で初めてのリサイクルが可能なエコ紙容器を世に送り出した。

夢とロマンが発明の原動力

 「ホッかる」と命名された紙容器は内側にポリプロピレンシートが貼り付けられた紙トレー。使い終えた後、側面を軽く押すとシートとトレーがはがれ、そのシートを取り去り紙トレーの部分を回収してリサイクルをするという仕組み。利用者に手間をかけさせた上、コストが高いという商品にもかかわらず大学や自治体を中心に売り上げをのばしている。

 このことについて上田会長は「あえて、はがして回収することでリサイクルへの協力を意識させ、利用者の意識を変えていくわけです。お好み焼きやタコヤキを食べながらエコを学べるツールとして多くの人に受け入れられているようです」と分析する。

 しかしこの容器、見た目だけでは何の変哲もないただの紙の入れ物でしかない。説明がなければそのままゴミ箱に捨てられてしまう代物である。そこで重要になるのが利用者への協力の呼びかけ。イベントなどで用いられる場合、主催者が分別用の回収箱を設け、対面で利用者にフィルムのはがし方を実践する。なんとも面倒なシステムだが、単なるビン、カン、ゴミといった分別ではなく回収までの流れの中に対話を持ち込むことでリサイクルの参加意識を芽生えさせるのだという。

 例えば分別回収の時に「はがして回収するだけでゴミの容積が半分になります」や「この紙トレーが1個で9mのトイレットペーパーに生まれ変わります」と言えば、チラシに書いてあっても読まないリサイクル知識を確実に伝えることができる。

 「ホッかる」はすでに全国20大学生協で導入されており、紙業メーカーと連携して回収したトレーを再生する体験授業を行うなど、教材として使う学校も増えている。さらに小学校の社会の教科書にも紹介され、エコ商品の代表格としての地位を築いている。

 自動改札や回転寿司、カラオケなど大阪発祥の発明品は多く、その源には世の中の役に立とうというサービス精神が脈々と流れている。しかし、成功までの道のりは遠く、最初は馬鹿にされたものも少なくない。「ホッかる」も認知されるまでに10年の時を要した。

 上田会長は「時には「何を夢見てるんや!」と言われたこともあります。何度も止めようと思いましたが、ネーミングの由来になっている『ホッとした気持ちで健康的においしく食べて、食べた後は地球にも優しくリサイクルに。人も資源も地球も助かる』のメッセージが少しでも伝わればと続けてきました。ほとんどロマンの世界ですね」と語り、今後も商品の普及に取り組んでいきたいと熱い思いを語る。



中森勇人の新刊『心が折れそうなビジネスマンが読む本』(ソフトバンク新書)
仕事を頑張り過ぎて疲れている人、職場に馴染めず人間関係に悩んでいる人。つらい状況を独りで悩んでいると、いずれ心が折れて深刻な事態に陥ってしまいます。仕事とプライベートを分け、しなやかに、おだやかに、したたかに働くことが大切です。本書では、職場でストレスを溜めない働き方やトラブルに負けない心の筋トレ、社外とのパイプで身を守る方法など、しんどくて凹んでしまった心にすぐ効くノウハウを披露します。あなたと同じような境遇にあった著者が、壮絶な実体験をもとに綴った一冊。


連載一覧

環境対応 ジャンルのトピックス

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!