開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/12/12

ソニー、スマートロック事業の新会社「Qrio」を設立 ベンチャー育成会社のWiLと協業で

ソニーは12日、WiL, LLC(以下、WiL)とスマートロック製品の開発・製造・販売、運営サービスを提供する合弁会社「Qrio」を設立することを発表した。

photo
「Qrio Smart Lock」利用イメージ

関連記事
 ソニーが共同出資する新会社「Qrio」は、スマートホーム領域において、ソニーが保有する無線セキュリティ技術、公開鍵認証技術などを活かしたスマートロックを開発、製造する目的で設立。来年度より、個人および法人に向けて販売開始する。

 Qrioではすでに、サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサイト「Makuake」にて「Qrio Smart Lock」というプロダクトの資金調達を開始している。

 スマートロックとは、無線セキュリティ技術を利用しスマートデバイスのアプリから住宅等の鍵の施錠や開錠ができる電子鍵の総称。住宅のオーナーがアプリ上で認証するゲストは、スマートフォン等を介して鍵を開閉することが可能。スマートロックにより、物理的に鍵を貸与しなくても、家族や友人、不動産業者間などでスマートフォンを鍵代わりとして施錠、開錠ができ、鍵の受け渡しが不要になるという。スマートロック分野においては、電通グループの電通ブルーが11月13日に南京錠スマートロック「246」を発表している。

 新会社Qrioの出資比率は、WiLが運営するベンチャー投資育成ファンドの「WiL Fund I, LP」が60パーセント、ソニーが40パーセント。

IoT・M2M ジャンルのトピックス

IoT・M2M ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!