ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年01月14日

DNPとKii、アプリ開発のバックエンド機能をBaaS型で提供 「Device Backend by Kii」

大日本印刷株式会社(以下、DNP)は14日、スマートフォン用などのモバイルアプリケーションの開発・運用向けBaaS型のクラウドサービス「Device Backend by Kii」を、2月1日より提供開始すると発表した。

photo

「Device Backend by Kii」の機能


関連記事
 今回の発表は、DNPとモバイルアプリ関連事業を行うKiiが、スマートフォン向けアプリや各種サービスの開発に必要な汎用的なバックエンド機能を装備したプラットフォーム「Device Backend by Kii」を提供するというもの。

 ユーザー登録、ログイン/ログアウト、グループ管理、SNSやSMSによる認証などの「会員管理」のほか、「プッシュ通知」や各種フォーマットのデータの保存・整理といった「データ管理」、「位置情報データの取得や検索、配信」などが提供される。アプリ開発者は画面デザインや操作のインターフェイスなどのフロントエンド側の開発に注力できるため、アプリや情報サービスの開発を迅速かつ低コストで行えるという。

 税抜価格は、初期導入費用が5万円、月額利用料が10万円から。DNPでは、Kiiとの連携によってBaaSプラットフォームの継続的な機能拡張をすすめ、2015年度で5億円の売上を目指す。

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

一覧へ

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

関連キーワード

大日本印刷

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング