開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/10/15

ビームス、洋服・雑貨すべてにRFID 新業態店舗で導入

アパレル中堅のビームスは、ファミリー向け新業態「ビーミング ライフストア(B:MING LIFE STORE)」事業において、本部および新店舗のシステムを富士通と共同で構築した。ビームスでは本システムを、9月にオープンした2店舗で稼働させており、今後年内にオープンを計画している3店舗でも稼働予定という。

photo
ビーミング ライフストア by ビームス ららぽーとTOKYO-BAY店
 本システムでは、国内のアパレル・ファッション業界では先進的な取り組みとして、洋服・雑貨すべてにRFIDを搭載し、入出荷・棚卸登録から売上登録まですべてRFIDによって管理する。

 入荷時の箱ごと・陳列された棚のブロックやハンガーラックごと・清算時のカゴごとなどリーダ・ライタで一括読み取りを行うため、従業員の業務効率を大幅に向上させることが可能になるという。

 また、 POSシステムとRFIDリーダ・ライタを連携させて商品の一括読み取りを行うことで、顧客の精算時の時間短縮を図る。

 なお店舗の物販・専門店向けPOSシステム「TeamSTORE/S」とRFIDリーダ・ライタは富士通フロンテックが開発したものを活用する。

 さらに、今回、本部と店舗の基幹業務システムには、ファッション専門店に特化した富士通のMD自動化ソリューション「GLOVIA smart 専門店 Pastel Plus」を導入。本部から店舗に対する、店舗間の商品移動指示・商品の売価変更についての指示などの本部コントロールによるアナウンス照会機能など、ファッション専門店特有の商品MDのPDCAサイクルを支援する。これによりビームスは、適正な在庫の維持や、在庫切れリスクの軽減など、さらなるMD業務の精度向上や顧客サービス向上を実現する。

 システム構築については、富士通システムズ・イーストが手がけた。

>ユニクロと異なる価値をいかに訴求できるか!アパレルの生き残り戦略

小売業関連記事一覧

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!