開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/09/10

楽天、兵庫県川西市に新物流拠点を開設 アマゾンと物流競争が激化

楽天は10日、物流サービスの強化を目的として、2013年秋を目処に、兵庫県川西市に新たな物流拠点を開設すると発表した。新物流拠点は、延べ床面積約2.3万坪(約7.8万平米)で、関西圏を中心とした西日本地域をカバーする国内物流の戦略的拠点として運営する。

 楽天は、2010年に千葉県市川市に初の物流拠点を開設し、「楽天ブックス」の商品に加え、「楽天市場」に出店する複数店舗からユーザーが一括して商品を購入しまとめて受け取ることができるサービス「楽天24」の商品を取り扱っていた。

 また今夏から、楽天の子会社である楽天物流が、商品在庫の入出荷、保管、梱包、配送、カスタマーサービス、各種VAS(バリューアデッドサービス)などの総合フルフィルメントサービス「楽天スーパーロジスティクス」を、楽天市場に出店する店舗に対し、市川のセンターを拠点として提供している。

 川西市に新たな物流拠点が開業することで、「楽天スーパーロジスティクス」の処理能力を高めると同時に、西日本地域への配送リードタイムの短縮を図る。着工予定は2012年11月から。竣工予定は2013年11月末。

 EC事業で楽天と競合しているアマゾンは、神奈川県小田原市に物流センターを開設する発表などを行っており、注文後の翌日に商品を受け取れる対象商品数を増やすなど、両社の物流網強化競争が激化している。

小売業関連記事一覧

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのトピックス

物流管理・在庫管理・SCM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!