開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/05/24

日清医療食品、国内最大規模の配食サービスをクラウドで構築

日清医療食品は、会員の個人宅へ弁当を届ける在宅配食システムを富士通と共同で構築し、4月より運用を開始した。注文・商品・顧客などの管理業務や各種決済手続きなど、個人の注文から配達までに必要な業務システムはクラウド上に構築した。

 日清医療食品は、全国4,500ヶ所を超える医療・介護福祉施設の給食事業を営んでいる給食業界トップクラスの企業。給食業に次ぐ第二の事業として、登録した会員個人宅への食事配達サービス「食宅便」を4月2日より開始していた。

 「食宅便」は、全国をサービスエリアとし、日清医療食品が7,500人の管理栄養士、栄養士の知恵と経験を生かした安全・安心な栄養バランスの取れた食事メニューを、毎日個人宅に届けるサービス。

 注文・商品・顧客などの管理業務や各種決済手続きなど、個人の注文から配達までに必要な業務システムを、富士通のオンデマンド仮想システムサービス「FGCP/S5」上で稼働させるクラウド環境により短期間での構築を実現したという。

 また、「FGCP/S5」はプラットフォーム全体を仮想的に利用できる従量課金型システムであるため、初期投資を抑制でき、キャンペーン時などの急激な受注の増減、今後のサービスエリアの拡大や将来的な配食以外のサービス拡充などのビジネス拡大にも柔軟に対応できるとしている。

photo
システムイメージ図

 日清医療食品は、高齢化社会にともない、在宅配食サービス市場は2009年時点で549億円、今後2015年には775億円になると予測している。同社は、給食事業で培った7,500人の管理栄養士、栄養士のノウハウを活かして同事業に取り組む考え。

 今後、全国展開中の7食セット弁当をまとめてクール便で配達する「まとめてお届けコース」に加え、7食の弁当を1食ずつ自分の好みで組み合わせることができるサービスも2012年夏頃に開始するという。さらに現在一部の地域で展開中の、1食ずつ最寄りの店舗から温かい弁当を配達する「1食ずつお届けコース」のサービスについても全国をサービスエリアとして展開していく予定で、国内最大規模の配食サービスとなるとしている。

小売業のIT化・EC関連記事

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!