• 会員限定
  • 2012/09/12 掲載

失業と新規雇用が同時に起こる?イノベーション時代の「雇用の断層」 :篠崎彰彦教授のインフォメーション・エコノミー(46)

労働市場から退出した中高年男性

記事をお気に入りリストに登録することができます。
企業という組織は、技術(テクノロジー)と労働(ワーク)が生産活動のために出会う「結節点」だ。技術が変化するなら、労働する側(ワーカー)もそれにうまく適応することが求められる。高度成長期の日本のように、人材確保が難しい場合や時間の余裕がある場合は、社内で一から訓練していく連続的な方法も有効だろう。だが、イノベーションのスピードが速く、旧来の仕組みが劇的に変わる時代には、これまでの方法を根本的に改める必要に迫られそうだ。

九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授
九州大学経済学部卒業。九州大学博士(経済学)
1984年日本開発銀行入行。ニューヨーク駐在員、国際部調査役等を経て、1999年九州大学助教授、2004年教授就任。この間、経済企画庁調査局、ハーバード大学イェンチン研究所にて情報経済や企業投資分析に従事。情報化に関する審議会などの委員も数多く務めている。
■研究室のホームページはこちら■

インフォメーション・エコノミー: 情報化する経済社会の全体像
・著者:篠崎 彰彦
・定価:2,600円 (税抜)
・ページ数: 285ページ
・出版社: エヌティティ出版
・ISBN:978-4757123335
・発売日:2014年3月25日

これまでの連載

企業は技術と労働の「結節点」

 イノベーションの時代に「雇用不安」と「所得の二極化」が同時にみられるのは、技術と労働の結びつきに「不連続な変化」が生じやすいからだ(第43回第44回第45回参照)。産業革命後の近代社会では、生産活動の多くはヒトが素手で行うわけではなく、何らかの形で技術を利用している。この生産活動で重要な役割を果たす企業という組織は技術と労働が出会う場であり、両者をつなぐ「結節点」だ。

photo
図表1 企業は技術と労働の結節点

 もし劇的な技術変化が起きれば、旧技術と結びついた労働は急速に陳腐化するため、新技術に適応した労働への転換が迫られる。連載の第32回で解説したように、情報技術革新の波にのって、民間企業が積極的なIT投資を行えば、技術と労働の結節点に新しいテクノロジーが次々と導入され、仕事の仕組みや組織のあり方は大きく変わる。したがって、企業という組織で仕事をする労働の側も新技術にうまく適応しなければならないのだ。

 前回解説したように、新技術への適応にはふたつの方法がある。ひとつは、ラーニング・バイ・ドゥーイング(learning by doing)型の対応だ。これは、日々の仕事を実践していく中で古い技術に結びついていた労働者が学びを積み重ね、新技術にふさわしい能力を身に着けていくやり方であり、雇用の断層をともなわない「連続的」な適応といえる。

 労働者の確保が難しい場合や時間的に比較的余裕がある場合、しかも、ほかの競争企業も同じような条件にあるのなら、こういう方法は充分に有効だ。実際に、高度成長期の日本では、義務教育を終えた中学卒業の若者が「金の卵」として都市部に集団就職し、町工場などの中小企業で見習いから始め、年月をかけて技能を身につけ、日本の経済を支えた。

photo
図表2 技術と雇用の連続的対応

【次ページ】労働市場から退出した中高年男性

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます