• 会員限定
  • 2017/10/13 掲載

不動産テックで何が変わる? 静的なビジネスから「動的ネットワーク空間」管理へ 篠崎彰彦教授のインフォメーション・エコノミー(91)

記事をお気に入りリストに登録することができます。
フィンテック(Fintech:金融+IT)やアグリテック(Agritech:農業+IT)などさまざまな産業における情報技術の活用が「x-Tech」として注目されている。これらは「産業の情報化」があらゆる領域に及んでいることを示す動きといえる。不動産テック(ReTech、Real Estate Tech)もその一つだ。不動産といえばリアルで静的なビジネスを連想しがちだが、今ではデジタル・プラットフォームを駆使し、「動的ネットワーク空間」をマネジメントするビジネスへと変貌している。

九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授 篠崎彰彦

九州大学大学院 経済学研究院 教授
九州大学経済学部卒業。九州大学博士(経済学)
1984年日本開発銀行入行。ニューヨーク駐在員、国際部調査役等を経て、1999年九州大学助教授、2004年教授就任。この間、経済企画庁調査局、ハーバード大学イェンチン研究所にて情報経済や企業投資分析に従事。情報化に関する審議会などの委員も数多く務めている。
■研究室のホームページはこちら■

インフォメーション・エコノミー: 情報化する経済社会の全体像
・著者:篠崎 彰彦
・定価:2,600円 (税抜)
・ページ数: 285ページ
・出版社: エヌティティ出版
・ISBN:978-4757123335
・発売日:2014年3月25日

photo
リアルで静的なビジネスを連想する不動産が「動的」になりつつある
(© NOBU – Fotolia)


リアルで静的な不動産ビジネス

連載一覧
 情報技術革新の勢いは、あらゆる産業におよび、「産業の情報化」が顕著だ。不動産業界もその例外ではなく、近年は「不動産テック(ReTech)」として注目されている。

 不動産は文字通り「リアルで物的」な資産だ。一般の消費財に比べると取引頻度は少なく、まったく同一の物件は存在しないため個別性が強い。また、住居であれば生涯、本社ビルであれば永続という具合に、取引後の所有や利用で粘着性が高いという特徴がある。

 さらに、開発や建設、販売、仲介、管理、税制といった面で、複雑な規制が数多く、ローカル性も強いことから、比較駅安定した市場環境の下で「暗黙の了解」による業界秩序が形成されてきた。遊休資産の有効活用などで、他の業界からの参入はあるが、不動産業界の「既存の仕組み」は大枠として維持されてきたわけだ(図1)。

画像
図1 これまでの不動産ビジネス環境


 ところが、現在の情報技術革新は、これまでとは様相を異にする新規参入を促しているようだ。不動産業界を取り巻く「暗黙の了解」は揺らぎ、産業の景色を一変させる気配だ。アマゾンなどのIT企業が物流関連のビジネスを展開しているのはその象徴といえる。

倉庫は動的ネットワークの結び目

 不動産は、モノや人が留まる空間だ。モノであれば倉庫、人であれば住居や宿泊施設がイメージしやすい。確かに「倉庫業」といえば、動かないモノを留まった状態で保管する「静的」な空間マネジメントを連想しがちだ。

 だが、現在ではこのイメージが様変わりしている。活発化する物流が倉庫業の機能を根本的に変えているからだ。今や倉庫業は、モノを保管するのではなく、モノの動きを賢くマネジメントする物流拠点、すなわち動的ネットワークの結び目としての役割が重要になっている。

 この背景には「情報化のグローバル化」が影響している。世界中の人々が国境を越えてネットワーク化された最新技術を装備し、稼得機会を高めたことで(連載の第62回第90回参照)、購買力が高まると同時に、興味や関心も国境を越えて広がり、活発なモノの動きを生み出しているのだ。

 モノの動きが圧倒的に増す中、物流業界では「倉庫」におけるトラックの待ち時間が大きな問題となっている。この問題の解決にはデジタル・プラットフォームの活用が欠かせない。そこに登場するのがIT企業のアマゾンというわけだ。

【次ページ】アマゾンの参入はなぜ起きるのか?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます